にゃんこ2匹と一人暮らし

コロ(短足マンチカン)・さと(ブリショー)との楽しい一人暮らしをつづります。ネコのこと、料理、旅行、マンションのことなど。

【おじさまと猫】ふくまるが、ぬいぐるみだけど、生きている!

1月から始まったドラマ「おじさまと猫」。

 

以前書きましたが、原作マンガが大好きなので、ドラマが始まるのを楽しみにしてました。 

 

3話まで来ましたが、もうドラマも大好きで、毎週楽しみに見ちゃってます!

 

【おじさまと猫】ふくまるがかわいすぎる・・・!

「おじさまと猫」は、ピアニストのおじさまと、ペットショップで売れ残っていたエキゾチックショートヘアの猫が出会ってからの、楽しく幸せな日々を描いたマンガです。

 

ドラマ化の最初の情報で、パパさん(おじさま)が草刈正雄さんだと聞いてすごく楽しみになった一方、「ふくまる(猫)がぬいぐるみ」ということに「え?! それってどうなの?? そんなふくまるってありなの???」と心配になったのですが・・・

 

ぬいぐるみのふくまるが、かわいくてかわいくて、切なくて切なくて、愛おしくて愛おしくて。

ふくまるはぬいぐるみなんだけど、そこでちゃんと生きていることが感じられて、どんどん大好きになります。

 

こちらが1話の予告編。


おじさまと猫 第1話

 

予告編の時点では「やっぱりぬいぐるみって・・・」って思ってたんですけど、もうドラマを見だしたら、最初から最後まで泣きっぱなし。

 

わたしの大好きな、パパさんとふくまるが運命の出会いがしっかり描かれています。

パパさんがふくまるをギュッと抱きしめるところなんて、もう号泣・・・!

 

ドラマは原作より少し話を膨らませているのですが、芯となるところは同じ。

膨らまているところも、パパさんとふくまるの背景を描くエピソードとしてしっかり入ってきて、本当にステキ!

 

マンガを読んでいたとき、ふくまるの声は高めのかわいい声を想像してました。

ドラマでのふくまるの声は、神木隆之介くん。

わたしのマンガでのイメージよりちょっと低めの声だったのですが、ふくまるの気持ちがすごく伝わってきて、今ではマンガを読むと神木君の声で脳内再生されます。

 

こちらが3話の予告編。


ドラマParavi おじさまと猫 第3話

 

パパさんがお仕事に行くので、初めて留守番をするふくまる。

ふくまるが泣いてるー! でもがんばってるー!

パパさんがいない間のふくまるの不審猫との奮闘(?)が、かわいすぎて。

 

うちのさとも、じーっとふくまるを眺めております(笑)。

 

ふくまるがぬいぐるみの理由

原作者の桜井海さんのTwitterより。

 

たしかに。

ドラマの多くの時間にふくまるは登場してます。

これを全部、本物の猫ちゃんがやってたとすると、猫の疲れとストレスは半端ないですね。

表情やしぐさも、ぬいぐるみだから表現できるところもたくさんあると思うし、ぬいぐるみで正解だったんですね。

 

これから、パパさんとふくまるがどうなっているのか、原作は知ってるけれどドラマもすごく楽しみです。

 

 

このブログを書きつつ、ルンバタイムに「おじさまと猫」を全巻読み直していたら、今日もまた号泣・・・!

そばで寝てたコロをもふもふしたら・・・めっちゃ嫌がられました・・・。

 

大好きな5巻(号泣必至)とともに。コロ&さと。

f:id:itsukorosato:20210124145828j:plain