おひとりさまマンション購入記① きっかけはポストのチラシ

2019年10月に、アラフォーおひとりさまで、中古マンションを購入しました。

40代独身女性のわたしと猫2匹で、2LDKのマンションで楽しく一人暮らしをしています。

わたしの愛猫 さと&コロ

「マンションを買おっかな」と思ってから、契約まで1月半。

そこから引き渡しまで3か月。さらにリフォーム完成して入居するまで半月。

「マンション買おっかな」と突然思い立った日から入居まで、ちょうど5か月の短期決戦でした。

マンション購入することに、何の予備知識もない状態でのスタート。

5か月の間、すごく悩み、いろんな人に相談し、たくさんマンション購入についての本を読みました。

「アラフォー 独身女性 マンション購入」で検索して体験ブログを読み漁り、不安を解決しながら購入に至ります。

40代独身おひとりさまでマンションを購入したわたしの体験が、同じように悩んでる誰かの参考になればと覚えているうちにブログにまとめていきます。

どうぞお付き合いくださいませ。

気になるところだけでもどうぞ

もくじ

東京一人暮らし十数年 理想をもとめて賃貸マンション渡り歩き

就職で東京に出てきて十数年。

インドア派のわたしは家にいるのが大好きで、理想の住まいを求めて賃貸マンションを5軒引っ越しました。

東京最初の家は、何もわからず会社斡旋の不動産屋で紹介された賃貸マンション。

大学時代、地方で「10畳・収納たっぷり・4万円」の家に住んでいたわたしにとって、「6畳・収納狭い・9万円」の東京の賃貸価格は、カルチャーショック。

「もっと広い部屋に住みたい」「日当たりのいい部屋に住みたい」と、3~4年ごとのペースで賃貸マンションの引っ越しを繰り返しました。

最後に住んだ賃貸マンションは、南向き1LDKの部屋。

すごく住みやすくて、ずっとこのままこの部屋に住んでもいいかなと思っていたのですが、きっかけは40歳になったある日、突然やってきました。 

40代独身女性のわたしがマンション購入を考えたきっかけ

2019年の5月下旬、 いつものように賃貸マンションのポストに住宅案内のチラシが入ってました。

昔から間取りを見るのは好きなのですが、なぜかその日入っていた新築マンションお知らせのチラシから目が離せなくなりました。

どうしてその新築マンションに惹かれたのかは、今でもよくわかりません。

なぜか強く「このマンションに住みたい!」とそのチラシを見て思ったのです。

チラシからわかった情報はこれだけ。

  • 今住んでる駅の逆側。駅徒歩4分の5階建て新築マンション
  • 35㎡ぐらいの1LDKメインのマンション
    わたしが興味もったのは2LDK44㎡南西向きの角部屋
  • ペット可
  • 9月に完成、7月頭にモデルルームで案内開始

マンションに何部屋あるのかも、どんな間取りがあるのかも、価格も、チラシからはわかりません。

40代独身のわたしがマンションを買えるのかどうかも、これまで考えたことがないのでわかりません。

でも、そのチラシのマンションの2LDKの「住んでるイメージ間取り図」に強く惹かれて、「この部屋に住みたい」と思ったのでした。

このチラシをきっかけに、マンション購入について真剣に考える日々が始まります。

40代独身女性のわたしが家を買っていいのか悩む

会社員になって数十年。アラフォー独身女性・子どもができる予定もなし。

仕事にやりがいはあるし、お給料もそれなりにいただいています。

でも疲れたときには「何のためにがんばって働いてるんだろう」とへこむことも時々あり、こう思うようになりました。

がんばって働いてる証を何か残したい!
働くモチベーションがほしい!

そんなときに出会ったのが、新築マンションのチラシ。

「マンションを買いたい!」という気持ちが、フツフツとわいてきます。

でも「マンション買いたい」と思うたびに、頭の裏側で「本当に買っていいの?」という思いも出てきます。

40代・独身女性のわたし。

遠い実家には、60代・70代の両親が二人で住んでいます。

今は東京で仕事があるけれど、定年まで安定して働ける保障があるわけではない。

資産になる「家」「マンション」を持ったとしても、それを譲る子供はいない。

「不動産」=「負動産」というのも聞くし、十数年後に売れる資産としてマンション価値が保てている保証もない。

だったら、大金払ってマンションを買うのではなく、これからも賃貸に住んで、いつか老人ホームに入るお金を貯めるほうがいいんじゃないだろうか。

こんな感じで、毎日毎晩モヤモヤ悩んでいました。でも・・・

やっぱりマンション買いたい!
自分の家が欲しい!

こっちの気持ちのほうが強くなっていました。

もしかすると年をとった時、マンション買ったことを後悔する日が来るかもしれない。

でも今の買いたい気持ちにふたをしても後悔する、そう思ってしまったんですよね。

最終的に買わない選択をするかもしれないけれど、買うか買わないかの結論を自分が納得して出せるまで、マンション探しをすることにしました。

「マンション買いたい!」に気持ちが決まった理由

「マンション買いたい」の気持ちが出てきたとたんに、大好きなはずの今の部屋の悪いところが気になるようになります。

  • リビングと寝室のドアの位置が使いにくい(寝るときにテレビが見えない)
  • 隣の部屋の生活音がたまに聞こえる。多分うちのも聞こえてる
  • ベランダが狭い
  • もっと広いキッチンがいい
  • もっと広いお風呂がいい

1つ気になると、いろんなところが気になり始めて続々と出てきます。

さらに、自分がこれまでの賃貸生活数十年で払った総額の計算を始めてしまい・・・。驚愕の金額・・・!

ずっとこの賃貸マンションに住んでもいいと思っていたけど、安くない家賃を払い続けても、この部屋がわたしの所有物になることは絶対にないことに改めて気づきます。

だったらマンションを買ってしまおう! 

数十年がんばって働いてきた証として、大金を使ってわたしだけの資産を残そう。

そしてペットを飼おう! その子と家のために、がんばって働き続けよう。

できればこの新築がいいけれど、そうなじゃくてもいい。

自分だけの住みかとしてのマンションを購入するんだ!!

ポストに入っていた新築マンションのチラシと出会ってから3日目に決意をしました。

そうなったら、思い立ったが吉日!

新築マンションの見学会までまだ1か月あるので、その前にいろんな物件を見てみようと、週末の新築マンション・中古マンションの見学予約を夜中にぽちり。

ここから物件決定まで1か月半。

最初に書いたように、買ったのは「中古マンション」なので、チラシの新築マンションではありません。

悩みぬいて決断して購入した、今住んでいるこのマンション。

1年住んでみて、ここにしてよかった、そして、マンションを買おうという決断は間違いではなかったと思っています。

次回、わたしの物件探しスタートです!

マンション検討で役立ったおすすめサイト

マンション購入初心者のわたしがまったくわからなかったのが、価格の相場観。

そんなわたしが利用してよかったのが「」というサイト。

地域やマンションごとの適正価格予測や値上がり率などを無料で確認できるので参考になりました!

同じように迷われている方は無料で利用できるので、ぜひ登録してみてくださいね。

ぽちっと応援が励みになります!

ぽちっと応援が励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる