本命モデルルーム見学スタート! 気になる価格とチェックポイント【おひとりさま、マンションを買う ③】

本命モデルルーム見学スタート! 気になる価格とチェックポイント【おひとりさま、マンションを買う ③】

「マンション買いたい!」と思ってから1カ月。

いよいよ本命新築マンションのモデルルーム見学の日がやってきました。

今回はわたしのマンション購入体験談から、モデルルームの見学の流れと、わたしのチェックポイントについてお伝えします。

理想のマンションに出会うために、自分の譲れない点を見つけていくのが大切ですね。

もくじ

新築マンションのモデルルーム見学までにしたこと

販売開始までのスケジュールをチェック!

「買いたい!」と思った新築マンションのチラシにあった案内はこれだけ。

  • 7月下旬ごろ販売開始、9月下旬入居開始
  • 詳しく知りたい方は、こちらまでお電話ください

マンションを買う段取りなんて全くわかってないわたし。とりあえず、書いてあった番号に電話です。

  • まだ詳細は決まっていないが、7月上旬に説明会でご案内を開始予定
  • 物件サイトで情報を出していくので、そちらを確認してほしい

ということなので、物件サイトから「情報ください」の登録をし、そこから毎日のようにサイトをチェックです。

全く情報が出なくて、やきもきする日々が続きますが、5月下旬にチラシが入ってから約半月、6月中旬にモデルルーム見学の予約が出たので、初日をぽちり予約です。

建設中の現地を朝・昼・夜でチェック 

なぜか、このマンションを購入して住むと信じて疑わなかったわたし。

建設地が通ってたスポーツジムのすぐそばだったので、ほぼ毎日のように建築されている様子を見に行ってました。

チラシやサイトに書かれていた情報から、「あの部屋が希望してる部屋かなー」「日当たりはどうかなー」と妄想を膨らまし、住んでる自分を想像する毎日。

毎日物件のまわりをうろうろする、明らかに怪しいオンナです・・・(笑)

さらに、同じブランドの中古マンションが売りに出されていたので、そこの見学にも。

キッチンや部屋の雰囲気を見て、さらに妄想を膨らませていきました。

販売前説明会スタート

いよいよ販売前説明会&モデルルーム見学です。建設地を再度チェックしたあと、勝負の場所にむかいます。

新築マンションのモデルルーム見学は、すでに3回経験済み。大まかな流れはこんな感じで、だいたい1~2時間かかります。

  1. 受付をして、用紙にいろいろ記入
  2. ブースで、物件概要や周辺のことの説明を受ける
  3. モデルルーム見学
  4. 質問タイム
  5. 現地ご案内 ※ないことも
  6. 質問タイム

3のモデルルーム見学は、説明会場につくられたモデルルームの場合と、マンションが完成している場合は実際の部屋を見る場合とがありました。

大規模マンションだとつくられたモデルルーム、小規模マンションだと完成後の部屋だったことが多いです。

さて、説明会の開始です。どんな感じに案内されるのかもなんとなくわかっていたので、余裕をもって望めます。

担当になった方はシソンヌの長谷川さんにそっくりで、しばらくそれが気になって仕方ありませんでした。

建設地がどんな場所なのか、どんないいところなのかを聞く

担当さんが分厚いファイルを山ほど持ってきて、まずこの立地がどれほどいいのかを説明してくれます。

「住んでるからすごく便利でいいところだって知ってますよね!!」と熱弁の担当さん。

「住んでるから、そこまで言うほどすごく便利でいいところでもないことも知ってます」と冷静なわたし。(いわないけど)

もちろん、マンション買って永住してもいいと思ってる街なので、住みにくいところではないですが、そこまで「ここもいい」「ここもいい」と言われるほどでもないよね、と。(むしろ、そのポイントしかないよね・・・と)

わたしは今回見学したほとんどの物件が土地勘のあるところだったので、住みやすさの良し悪しの判断が自分でできました。

初めての土地勘のない場所であれば、担当者の説明をうのみにするだけではなく、自分で歩いたりスーパーに行ってみたり、朝・昼・夜のすべてでどんな場所かを確認することが、すごく大事だと思います。

物件概要と間取りのことを聞く

いよいよ待ちに待った物件説明の時間です!

わたしの本命の部屋は、2LDKの、できれば上階の部屋。物件サイトで、2LDKが2種類あることは知っていたので、そこを中心に説明してもらいます。

わたしがねらってるのは、【A】の4階か【B】の3階。

【A】45㎡の南西向き2LDK。1階~4階までの4部屋あり。チラシで最初に「ここがいい!」と思った部屋です。

南西向きで日当たりがよさそう。窓側の隣に家(2階建て)が建っているけれど、4階なら屋根より高いところにあるので、日当たりを遮ることもなし。

3畳・5畳の部屋が長方形で、ちょっと使いにくそう。(5畳にベッド置いたら、クローゼットってベッド乗り越えていくのかな?)

45㎡なので、住宅ローン減税をはじめ、お得なしくみが使えない。(使えるのは登記簿の床面積が50㎡以上。チラシ記載の広さだと55㎡ぐらいは必要)

【B】55㎡の東向き2LDK。たしかこんな感じ。2階・3階の2部屋あり。追加情報で出てきた部屋です。


【A】より広く、間取りがほぼ理想通り。広いウォークインクローゼットもあって、使いやすそう。
住宅ローン減税は使えそう。

日当たり。現地チェックした感じだと、2階はベランダの目の前の一軒家の屋根が目の前に。そして窓側が、向かいのマンションの外廊下と近くて気になりそう。

どんな設備が標準でついていてお得なのか、担当さんが熱弁してくれてますが、わたしが知りたいのは価格、価格なのです・・・!

予定価格と予想価格の差をチェック!

話の区切りがついたところで、切り出します。

「で、お値段は・・・?」

  • まだ販売受付前の事前説明が始まった段階(しかも初日)なので、値段は確定していない
  • 事前説明でのお客さんの様子を見ながら、販売日までに確定していく
  • ただ、おおよそこれぐらいの価格になる見込みをこっそり教えます

という前提付きで、わたしが狙ってる部屋の予定価格を教えてくれました。

・・・・・・高っ!!!!!

1か月間、マンションの価格についてすごく勉強してきたわたし。

サイトに出てた一番安いパンダ部屋の価格、近隣駅の新築マンション価格、同じ駅で1~2年前に販売されたマンション価格なども踏まえて、「これぐらいかな?」と予想価格をもってました。

それを、はるかに上回る予定価格!

【A】の4階で予想+400万、【B】の3階で予想+700万。

わたしの相場観が、まだまだアマチュアレベルだったのでしょう。読みを大きく外した衝撃・敗北感がすさまじかったです。

【B】については、住宅ローン減税で10%戻ってくることも踏まえての価格設定とのこと。なるほど、そんな風にして利益が出るように調整してるんですね。

(でも、2駅隣の特急駅、超大手デベロッパーの新築マンションと同程度の坪単価ってのは、さすがに高すぎだといまだに思う。まあ発売半年ぐらいで完売してるから、妥当だったのかもしれないけど)

【A】の4階の部屋は、予想よりは高かったけど、手が出ない値段ではない。

【B】の3階の部屋は、かなり予算オーバーなので無理。目の前が隣家の屋根の2階も予想よりはるかに高額だったので、その価格を払う価値は、今のわたしには感じられない・・・。

予想価格は外しに外しまくりましたが、それでも「このマンションに住みたいな」の気持ちはこの時点ではそんなに変わらず。

買うとしたら【A】だなと絞ることもできたので、気を取り直してモデルルーム見学にむかいます。

モデルルームでチェック! 

モデルルーム見学の前の、建築模型チェック

モデルルームの見学に行く前に、1つ気になってたことを質問します。

チラシが入ったのが5月終わり。モデルルームでの説明開始が7月上旬、販売開始が7月下旬、9月下旬入居って、スケジュールが短すぎる気がするけど、何か理由があるのですか?(あやしいマンションじゃないよね・・・?) 

もともとはマンション完成後の販売開始予定だったが、近くに同じブランドの、少し大きめのマンションを建築することに決定した。
そちらのマンションはモデルルームを作る予定だったので、今回のも相乗りして、早めにモデルルーム説明をしてしまうことに変更。

そのため、今から見てもらうモデルルームは今回のマンションにはない3LDKの部屋なのだが、部材や設備はそんなに変わらないので、イメージとして見ていただけます、と。

なるほど、そんなこともあるのですね。このマンションにない3LDKの部屋ということは、オプションも含めてかなりモリモリアゲアゲにされているはずなので、冷静な目で見極めないと・・・。

と思って向かってたわたしですが、マンション完成予定の模型図で、テンションアゲアゲです。

そこだけで10分以上とどまり、値段のことも忘れて妄想を膨らませまくります。

模型図で、ベランダの感じ(思ったより狭そうとか)や、隣の家との距離感とかをつかむこともできるので、全方角からじっくりチェックです。

いよいよモデルルーム見学

おひとりさま女性がマンションを買いたいとき、モデルルームで購入希望と同じ間取りの部屋を見れることは、稀かなと感じてます

大規模マンションのモデルルームって、マンションの中でスペックが高い部屋でつくられることが多いので、その豪華絢爛さにすごくテンションが上がって冷静な判断ができなくなることもあるんじゃないかな、と。

広い間取り&オプションモリモリのアゲアゲなモデルルームを見ながら、自分が住みたい間取りとは、何が同じで、何がどう違うのかをしっかり確認することが大事だと思います。

(シングル・DINKSが中心ターゲットの1LDK、2LDKメインのマンションだと、モデルルームが作られず、完成してから販売する物件もあるので、その場合はじっくり隅々までチェックすることができますね)

わたしが何件かモデルルームを見学する中で、確認すべきだと思ったポイントは、

部屋から感じる雰囲気
玄関ドアや窓、壁や床などは、部屋によらず同じ部材を使われることも多いので、第一印象としてその雰囲気が好きかどうかは感じとれるかと思います。
(ただ、壁や床はオプションで変えることもできたりするので、担当に要確認)

リビング・寝室・クローゼットなどの、希望している部屋との広さの違い
同じ「6畳」でも、形によって住みやすさや家具が置けるかは異なるので、メジャーで測って、実際どれぐらいの大きさになるのかを確認することが大事です。

モデルルームの部屋を見て、「広い!使いやすそう!」と思っても、希望している部屋だと幅がその2/3しかないということも・・・。

わたしの希望した【A】の5畳の部屋、実際にその長さを測ってもらったら、持ってるセミダブルのベッドがギリ置ける・・・?ぐらいでした。

住みたい部屋の実際の広さを確認し、置きたい家具がうまく入るか、生活しやすい動線かをチェックすることが大事だと思います。

キッチン・洗面所・お風呂などの水回りの、希望している部屋との違い
高スペックの部屋は、水回りも余裕を持った広々としたつくりになっていることが多いです。

台所の作業スペースが、希望している部屋だと30cm狭いとか、洗面所の収納が小さかったりとか、面積が減った分そぎ落とされていることがいろいろあるので、図面と比べながらしっかりチェックです。

おふろも、ファミリー向けよりは一回り小さいものが使われることも多いので、そこもチェック!

どこがオプションでモリモリアゲアゲにされているかをチェック
モデルルームは、何百万ものオプション設備で、部屋を豪華絢爛にしています。
どこがそうなのかをちゃんと見極めとかないと、あとで「あれ??」となるので、各部屋しっかりと担当さんに確認していきましょう。

【よくみたモリモリオプション設備】

・キッチンの棚
おそろいの背面の造作食器棚はもちろん、シンク上の棚もオプションってことがありました。アイランドキッチンのモデルハウスだと、コンロ前のガラス仕切りがオプションとかも。

・照明器具
豪華なシャンデリアがついていたり、標準より多いダウンライトがついたりしてました。

・扉
引き戸がおしゃれすりガラスになってることがよくありました。

【そんなとこまで!?と思ったもの】

・浴室の扉がスケスケガラス
誰に需要があってモデルルームにそのオプションを搭載してるんでしょう。単に見学しやすいから? 「スケスケガラスにする人いるんですか?」と聞いたら「ほぼいません」と。

・浴室扉のバーが1本→2本に
バスタオルが2本のほうがかけやすいから、標準1本だけどモデルルームは2本に、と。言われないと、絶対気づかない・・・

そしてモデルルームには、ステキ家具が配置されています。噂だと、部屋を広く見せるために、通常家具より小さめのものを置いていることもあるそう。

なので、自分が持ってる家具や置きたい家具のサイズに心の目で入れ替えてチェックすることが大切なのです。

モデルルームに1時間ぐらいこもってたので、説明開始からすでに2時間経過・・・。まだまだ続きます。

現地チェック&次回に向けて

現地チェック

モデルルーム見学のあと、建設中の現地にも連れて行ってもらって(自分で何度も行ってるけど)、日当たりや隣の家と接する感じを担当さんとチェック。

わたしは住んでる駅だし、何度も自分で見てるからあっさり終えましたが、初見だったら、周りにどんな施設があるか、交通量はどうか、うるさくないかなどを、しっかり自分の感覚で確かめるのが大事だと思います。

買いたい部屋の仮おさえ

説明聞いてモデルルーム見て、買わないなと思ったらそこで終わりですが、「できれば買いたい」と思っているのであれば、買いたい部屋を仮おさえすることができます。

販売開始はまだまだ先なので、契約はできないけれど、「この部屋は買いたい人がいます」とマーキングしておき、ほかのお客さんへご案内をしないんだとか。

買うなら【A】の4階か3階。でも、わたしの感覚では、部屋のスペックと価格がいまいち釣り合っていない気がする。

でもこの部屋をほかの人にみすみす買われてしまうのも、くやしい・・・

この後の販売開始までは2週間。そこまでの流れは

・来週、気になっていること再確認と、ローンの説明と事前審査。オプションの説明
・再来週の販売開始日に、先着順で契約手続き。(先着順といっても仮おさえしておけば希望の部屋は買えるそう)

あと2週間で、大金を払ってこのマンションを買うのか決断をしなければなりません。

いや、まだ2週間ある。

そこまでに考えられるだけ考えて、後悔しない決断をしよう。

そう心に決めて、「目当ての部屋を逃した」という後悔をしないように、【A】の4階の部屋を仮おさえして、本日は帰宅です。

続きはこちら。

ぽちっと応援が励みになります!

ぽちっと応援が励みになります!

本命モデルルーム見学スタート! 気になる価格とチェックポイント【おひとりさま、マンションを買う ③】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる