境界線は死守するにゃんこたち【床暖房と猫】

うちの猫、家中どこでも我が物顔で歩き回っております。

コロは相変わらず朝夜パトロールで、いろんな扉を開けろと要求してきます。

そんなコロ・さとですが、唯一しっかりと守る境界線があります。

それは・・・床暖房の境界線!

もくじ

猫が死守する床暖房の境界線

我が家の暖房は、基本床暖房。

じんわりほんのりあったまる床暖房、猫もわたしも大好きです。

こちらの写真をご覧ください。

わたしの親指があるところ、そこが床暖房の範囲が終わるところです。

コロくん、ぬくぬくの範囲、ギリギリで寝ております。

窓の外も見たい! でもぬくぬくがいい!

そんな気持ちと葛藤しながら、境界線ギリギリを攻めているコロ。

こちらの写真をご覧ください。

わたしの小指が、床暖房の境界線。

さとも、床暖房の境界線ギリギリを攻めております。

教えたわけではないのに、ちゃんと体感で気持ちのいいところを知っているコロ&さと。恐るべし。

床暖房の境界線を越えるとき、それは・・・

普段は死守する床暖房の境界線。それを、ひょいっと越えるタイミングがあります。毎日。

それは・・・

ベランダの窓を開けたとき。

遠くにいても、窓を開けたらすっ飛んできて、寒い日だろうが何だろうが、長い時間網戸の前に居続けます。

空を見たり、音を聞いたり、においをかいだり。

部屋の中だけでは感じ取れない情報をたくさん得て、目でも鼻でも耳でも楽しんでいるようです。

10分たったら、さとは飽きたようです(笑)

窓を閉めたら、またぬくぬくの寝床へ戻っていく猫たち。

超わかりやすすぎます。

寒い季節ももうちょっと続くけど、窓の外が長く楽しめる季節が早く来るといいね。

(しかしそのころは、花粉という別の大敵が・・・!)

ぽちっと応援が励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる