壁に穴を開けずにカレンダーを飾るには?おすすめグッズ・コマンドフック

「TOLOT」でつくったうちの猫・コロ&さとのオリジナルカレンダー。

自宅のワークスペースの横の空きスペースに飾っているのですが、首をひねってみるのがめんどくさくなりまして。

ふと目の前を見ると、机の前に白く広がる壁。

ここにカレンダーを飾りたい! 首をひねらなくてもかわいいコロ&さとのカレンダーが見れるようにしたい。

しかし壁は石膏ボード壁ではなくコンクリ壁。画鋲はささらない・・・!

そんなときは壁を傷つけない「コマンドフック」がおすすめです!

もくじ

壁を傷つけずにしっかり貼れる「コマンドフック」

超便利グッズなので、使われている方も多いのではないでしょうか。

壁を傷つけずに貼れてはがせるコマンドフックです。

左のは使ってしまったので空っぽですが、下の写真のクリップタイプです。

このように透明シートを壁に貼り、その上にクリップやフックを張り付けるので、壁紙を傷つけることなく壁にモノが飾れるようになります。

つけ方も簡単。

透明シートを壁に貼り、シートについている粘着タブの部分にクリップやフックを貼るだけ。

はがすときも、粘着タブの下の丸いところを引っ張れば簡単にクリップは取れ、シートもきれいにはがすことができます。

クリップタイプはポストカードや写真などをはさんで飾るのにGOOD!

TOLOTのオリジナルカレンダーはポストカードタイプなので、2月分並べて飾っています。

真っ白だった壁にコロ&さとのかわいい姿が飾れて、華やかになりました!

コマンドフックは種類が様々

ポストカードタイプのカレンダーを飾るのにはクリップタイプを使いましたが、もちろんフックタイプもあります。

大きなカレンダーは、フックタイプを壁につけて飾っています。

こちらの壁は石膏ボードなので、もともとは画鋲でカレンダーを貼っていたのですが、穴が大きく緩んでしまい、画鋲が落ちてしまったことがありました。

猫が間違って画鋲を食べてしまっては危険・・・!と、画鋲ではなく安心なフックに取り替えました。

わたしが使ってるフックタイプのは荷重500gまでOKなので、大きめのカレンダーでも問題なく飾ることができます。

壁紙に貼れるものだけではなく、水回りに貼れるものなど、使える壁のタイプもいろいろ。

フックの形もいろいろあって、用途によって選びやすいのもいいですね。

コマンドフック、いろいろタイプがあるので、あそこに貼れたらいいのに!というものを楽しみながら探してみようかな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる