にゃんこ2匹と一人暮らし

コロ(短足マンチカン)・さと(ブリショー)との楽しい一人暮らしをつづります。ネコのこと、料理、旅行、マンションのことなど。

STAUBのお手入れ完了!使いはじめと&たまのシーズニングで長持ちに

3台目のSTAUB「ラ・ココット de GOHAN」を購入しました。

 

 

普段のお手入れはそんなにめんどくさくないストウブですが、使い始める前に、きれいに長持ちさせるための油ならし「シーズニング」が大事です。

 

5ヵ月使ってる2台の「ピコ・ココット ラウンド」も、鍋の内側がかさかさになってきたので、このタイミングで一緒にやっちゃおうと、ストウブ3台シーズニングをしました。

 

ストウブのシーズニング、時間はちょっとかかりますが、やることは簡単・めんどくさくないのでご紹介。

 

炊飯用ストウブ「ラ・ココット de GOHAN」もシーズニングが必要?

f:id:itsukorosato:20210130200108j:plain

「ラ・ココット de GOHAN」は炊飯用のお鍋なので、油なじみのシーズニングをする必要があるのか悩みました。

油をぬったお鍋でご飯を炊くって、ごはんがおいしくなくなりそうなイメージがあり・・・。

 

いろいろ調べてみると、「ラ・ココット de GOHAN」もちゃんとシーズニングをすることで、ごはんのこびりつきも少なく、おいしく炊き続けることができるのだとか。

 

香りの少ない油を使って、少量の油できっちりふきとりながらシーズニングすることで、炊き上がりの味に影響なく、ストウブを長く使い続けることができます。

 

実際、シーズニングした直後のストウブで炊飯ましたが、ごはんはふっくらつやつやおいしく炊き上がりました。

 

STAUBのシーズニング方法

使い始めも、使っている途中も、シーズニングの仕方は同じです。

シーズニングと聞くとめんどくさそうですが、意外と簡単にできるお手入れ方法です。

準備物

・油(香りの少ないサラダ油がおすすめ。オリーブ油でも)
・油を塗るためのシリコンはけ(キッチンペーパーでも可)
・キッチンペーパー(不織布などのしっかりしたものがおすすめ)

1)ストウブを柔らかいスポンジとキッチン用中性洗剤で洗い、よくすすぐ

f:id:itsukorosato:20210130201133j:plain

たわしはNG! 食器用洗剤は使ってOK!

 

2)よく拭いて乾かす

お湯で洗うと、早く乾きやすいのでおすすめです。

 

こちらが洗って水分を拭きとった、シーズニング前のストウブ。

右下が新しい「ラ・ココット de GOHAN」。内側はちょっとざらざらしています。

左下と上のが「ピコ・ココットラウンド」。5カ月使っているので、鍋肌がちょっとカサカサしてきています。

f:id:itsukorosato:20210130201223j:plain

 

3)油を鍋の内側、ふちに塗る

100均でも買えるシリコンはけやキッチンペーパーを使います。

f:id:itsukorosato:20210130201358j:plain

 

油は目分量で。鍋底の半分ぐらい入れると、いい感じに塗り広げられます。

f:id:itsukorosato:20210130201418j:plain

 

ふちは錆びやすいので、塗り忘れずに。

f:id:itsukorosato:20210130201235j:plain

 

ふたの裏側にもうっすら塗ります。

(ふたはシーズニングしてもしなくてもよいそうですが、わたしはやってます)

f:id:itsukorosato:20210130201621j:plain

 

4)ふたはせず、弱火で3~4分熱する

弱火で、ストウブを3~4分ぐらい熱します。

鍋を焦がすのはNGなので、もし煙が出始めたらすぐに火を止めます。(3~4分経ったら、煙出なくても火を消してOK)

f:id:itsukorosato:20210130201303j:plain

 

5)ふたをして30~40分放置してさます

わたしは火を止めた後、ふたをして放置します。それでもふたに熱は伝わるので。

(ふたをしたまま火にかけると、焦がしてしまうリスク大)

f:id:itsukorosato:20210130201637j:plain

 

6)ストウブがさわれるぐらいまで冷めたら、油をキッチンペーパーでふき取る

f:id:itsukorosato:20210130201559j:plain

f:id:itsukorosato:20210130200519j:plain

拭いた油が茶色くなってたら、焦がしてしまってるので、最初からやりなおし。ですが、弱火で短時間火を入れるだけなら、失敗することは少ないです。

 

7)この工程(食用油を塗る→熱する→冷ます→ふき取る)をあと2回繰り返す

油は足さなくてOK。最初に塗った油が、火入れを繰り返すことで鍋肌になじんでいきます。

 

8)完成!!

新しく下ろしたストウブにも、いい感じに油がなじみました。

f:id:itsukorosato:20210130200452j:plain

5ヵ月使ったストウブも、カサカサ→つやつやに。使いやすくなります。

f:id:itsukorosato:20210130200545j:plain

 

このまま片付けてOK、使ってOK。

「ラ・ココット de GOHAN」で炊飯する前に油が気になるようだったら、軽く水洗いしてから使えばOKです。

つやつやのストウブで、ふっくらつやつやのごはんが炊き上がります。

f:id:itsukorosato:20210130201051j:plain

 

 

お高い鍋、一生ものとして長持ちさせるために、鍋肌がカサカサになってきたらシーズニングをするのが大事です。

時間と心にゆとりがあるときにシーズニングをして、ストウブを大切に使っていきます。

 

 

もしストウブを焦がしてしまったら・・・。重曹での焦げ落としがおすすめです!

itsukorosato.com