にゃんこ2匹と一人暮らし

コロ(短足マンチカン)・さと(ブリショー)との楽しい一人暮らしをつづります。ネコのこと、料理、旅行、マンションのことなど。

小笠原諸島旅行★おすすめの服装・持ち物【冬の小笠原ひとり旅番外編】

2019年12月に、世界自然遺産・小笠原諸島に行きました。

冬の小笠原。冬の南の島。
何を持っていけばいいのかわたし自身悩んだので、同じように悩まれている方向けの紹介記事です。

 

 

12月の小笠原諸島・父島の服装は?

12月の父島の気温は、9月下旬~10月上旬の東京並み

12月の最高気温平均は22℃ぐらい、最低気温平均は17℃ぐらい
東京だと、9月下旬~10月上旬というところでしょうか。
服はそのあたりをイメージして持っていくとよいと思います。

f:id:itsukorosato:20201018212023j:plain

 

昼は長袖シャツがおススメ。天気がいいと半袖でもOK!

わたしは、長袖シャツで過ごしていました。
日差しは強いので、日焼け対策にも長袖シャツがおススメです。

現地の方や旅行者でも、半袖・短パンの人もたくさんいたので、天候によって調整できるようにしておくのがよいかと。

 

夜出かけるなら、厚手のパーカーがおススメ

ナイトツアーに行ったり出かけるなら、長袖シャツに厚手のパーカーやトレーナーを羽織るのがおススメです。

ナイトツアーでは、山・海に行くこともありますし、寒さよけだけじゃなく虫よけとしても役立ちます。

 

足元はサンダルやスニーカー、山・森歩きならトレッキングシューズ

街歩きならサンダルで十分ですが、

山・森ツアーに行くなら、しっかり目のスニーカーやトレッキングシューズが必要です。

山・森では茂みや岩を歩いたりするので、歩きやすい靴で!

 

海ツアーに行くなら

ドルフィンスイムやシュノーケリングを楽しめる海ツアーに参加する場合、ウエットスーツはツアー会社が貸し出してくれるはずです。

ウエットスーツの下は、水着+ラッシュガード+マリンシューズ・グローブがおススメです。

小笠原海ツアー

ラッシュガード

船の上では、ウエットスーツは上半身脱いでいることが多いです。
走る船で風にあたると、南の島とはいえ冬なので寒く感じることも。

パーカーを羽織るなどでもいいですが、そのまま海に入れるラッシュガードがおススメです。

また冬とはいえ、海の上は日差しが強いので、UVカット加工のラッシュガードだと、日焼け防止にもなります。

 

マリンシューズ・グローブ

わたしは海ツアーの日やカヤックの日は、マリンシューズで過ごしてました
そのまま外を歩くこともできるし、フィンをつけることもできるので、脱ぎ着も楽。

シュノーケリングをする場合は、グローブもあると怪我予防にもなります。

 

 

シュノーケルセット

ツアー会社でレンタルできると思いますが、自分のお気に入りのでテンション上げても!

 

 

防水カメラ・スマホケース

やっぱりきれいな海を撮りたい! できれば海の中も撮りたい!
 
わたしは船の上では愛用のミラーレスで撮り、海の中ではスマホを防水ケースに入れて撮ろうと思ってたのですが、防水ケースが数年使ってたものでパッキンが壊れてしまい・・・。
残念ながら海の中の写真を撮ることができませんでした(涙)

一緒の海ツアー参加のお姉さんは、ドルフィンスイム中、防水カメラでイルカを撮りまくっていました
 

防水カメラ、持って行っておけばよかったです・・・

 

防水カメラはレンタルもできるので、あまり使わない場合はこちらもおすすめ。

◆Rentio◆ レンタルできる防水カメラがたくさんあります。


 

◆Rentio◆ レンタルでできるものたくさんあって、カメラ以外も一気にそろえられますね。

 

 

スマホで手軽に撮影したい方は、防水スマホケースがおススメ。

 

防水バック

濡らしたくないものを入れるのにあると便利です。

 

酔い止め薬

海ツアー、波よってはボートが揺れるので、酔い止め薬を飲んでおいたほうが良いです。
行き帰りのおがさわら丸でも絶対飲んだほうがよいです。

 

 

山・森ツアーに行くなら

しっかりしたスニーカーかトレッキングシューズ

最初にも書きましたが、ハードな場所も歩くので、歩きやすい靴を用意しましょう! 

 

UVパーカー・ウインドブレーカー

南の島とはいえ、山の上や森の中だと風が冷たいこともあるので、羽織れて風よけ&日焼け防止になる、脱ぎ着しやすいパーカーを持っておくとよいです。

 

帽子・サングラスなど

日差しをさけられるように持っていくとよいです。

帽子は風で飛ばされないように、紐をつけておくことをおすすめします。

 

リュック

山・森歩きは両手をあけておいたほうがよいので、リュックをお忘れなく。

 

 

忘れずに必ず持っていくもの

日焼け止め 

冬でも日焼けします! 日焼け止めを忘れずに!

 

充電器・モバイルバッテリー

島でも売ってますが、お安くはないので忘れずに!

 

普段使ってるもの

コンタクトレンズとか、常備薬とか、メガネとか、スキンケアグッズ、歯磨きセットとか、タオルとか。
忘れても気軽に買うことはできないので、必要そうなものは忘れずに持っていきましょう!

 

 

おがさわら丸での暇つぶしグッズ

おがさわら丸の乗船時間は、24時間×2日。
船内観光したり、海を眺めたりで時間は過ぎていきますが、それでもまあ、時間は余ります。

数時間でスマホの電波も届かなくなるので、

  • 電波が届かなくても見れるダウンロードコンテンツ
  • ゲーム

がおススメです。

 

Amazonプライムビデオも、スマホにダウンロードして持っていくことができますね。

 

延長コード

おがさわら丸の寝台、コンセント数口ありますが、延長コードがあるとさらに便利です!

 

 

と、いろんなものを持っていったら、わたしは荷物の量が大変なことになりました。

(スーツケース+バック)

おがさわら丸の特2等寝台

 

ご自身の行動に合わせて、必要なものを忘れずに持って行ってくださいね!

楽しい小笠原旅行になりますように!

 

 

わたしの小笠原旅行記です。

5泊6日 冬の小笠原諸島旅行   初日 :おがさわら丸出港
 2日目:半日島内観光ナイトツアー
 3日目:森のトレッキングツアー
 4日目:イルカ・クジラを見に海へ
 5日目:カヤック・おがさわら丸で東京(竹芝)へ
 6日目:竹芝ふ頭到着

 

itsukorosato.com