小笠原ひとり旅・5日目&最終日 カヤックとおがさわら丸

2019年12月・冬の小笠原諸島のひとり旅日記・5日目&最終日です。

父島最終日の5日目は午前中カヤックを楽しみました。冬でも暖かくて、海レジャーもしっかり楽しめますよ。

5泊6日 冬の小笠原諸島ひとり旅

1日目 おがさわら丸出港 
2日目 半日島内観光ナイトツアー
3日目 森のトレッキングツアー
4日目 イルカ・クジラを見に海へ
5日目 カヤック体験 おがさわら丸へ東京へ(←今回はこちら)
6日目 竹芝ふ頭到着

わたしが参加したのは、HISの「」の「小笠原 6日間」のツアー
船・宿・3~4日目の海・森ツアーがセットになってるものです。

もくじ

さよなら、こうもり亭

オーナーの愛情たっぷりごはんがどれもおいしくて、毎日幸せでした。

スパイスからつくったグリーンカレー

最後の朝食

一緒に泊まった皆さんとも、仲良くなれました!

本当にステキなお宿でした。

小笠原 父島のエコ民宿「INNこうもり亭」

カヤックで小笠原の海を堪能

今回の小笠原旅行、ひとり旅ではあるけれど、森も海も存分に楽しみたかったのでほぼ全日程に観光ツアーを入れてました。

出発前、何も予定を組んでなかったのは、最終日のおがさわら丸に乗るまでの半日だけ。

車もバイクも借りてないし、宿は船乗り場がある大村地区までは距離があるし、大村地区だけで半日過ごすには時間を持て余しそうだし・・・。

・・・と悩んでいたところ、2日目にマンツーマンで森歩きツアーを案内してくれたトミーGさんが、その日は空いていて何でも好きなこと案内できるよ!ということだったので・・・

前からやりたいと思ってたカヤックをお願いしちゃいました!

当日までに追加で予約が入ったら複数人で、入らなかったらまたしてもマンツーマンで、ということでしたが、見事マンツーマンでカヤックです!

小笠原父島ガイド・TommyGworld

場所は宿からすぐの扇浦海岸から境浦海岸へカヤックで行き、扇浦海岸へ戻ってくるコースです。

扇浦海岸までは宿から歩いて5分ぐらいなので、初日の夕方散歩に行きました。(帰りが真っ暗で迷子になりそうだったけど・・・)

対岸(といってもはるか遠く)にいる、ライトアップされたおがさわら丸がきれいでした。

では、カヤック出発です。

12月の海ですが、25℃ぐらいあったので、ウエットスーツは着ずに、水着+ラッシュガードで。むしろ、暑い!

(ちなみにトミーGさんは水着だけ。上半身裸!地元民おそるべし)

2人乗りカヤックの前にわたし、後ろにトミーGさんが乗ります。わたしは、漕ぐ雰囲気だけ(笑)

こんな町に近い海の中にも、戦争跡が見られます。

20~30分ほどで、境浦海岸に到着。わたしはほぼ何もしてません(笑)

トミーGさんがお湯を沸かして美味しいコーヒーを入れてくれて、ほっと一息。

ウミガメのたまごの殻、らしいです。

約3時間カヤックで海を堪能し、おがさわら丸の待つ大村地区へ向かいます。

大村地区でおいしいもの堪能

海岸で水シャワー浴びて、水着の上にワンピースを着て、11:30ごろ船のいる大村エリアへ。

同じ宿だった皆さんと昨日の夜「亀を食べよう!」と盛り上がり、「お昼ごろそのお店で会いましょー」と待ち合わせしてたので、トミージーさんに送ってもらったのですが・・・

まさかのお休み!!!! 

連絡先も知らないしどうしよーと思ってたら、店の周りをうろうろしているところを発見! 会えてよかった!

トミージーさんが教えてくれた美味しいお店でランチをイタダキマス。

あめのひ食堂さん、船の待合所すぐのところにあるお店です。

島の食材を使った料理が人気。わたしたちが入った後、すぐに満席になりました。

写真を撮るのをすっかり忘れてましたが、島魚のづけ丼をいただきました。おいしかった!

トマトン

お土産物屋さんをチェックしながら、少し離れたところにあるTOMATONさんへ。

島の食材を使ったジャムやお菓子、ドーナツ、おみやげ物を売ってます。

父島2日目の森歩きツアーの途中でも、トミーGさんに連れてきてもらいました。

どれもおいしくて、船の中で食べるドーナツやお土産をたんまり買いました。

アイスを買って、海岸でイタダキマス。

そのまま海岸でのんびり話をしていたら、出港1時間前になったので、待合所へ向かいます。

父島とお別れの時

待合所、ランチ前の11:30ごろ来たときは誰もいなかったのに、出港1時間前、人であふれかえってます。

ツアーで一緒になった人もたくさんいて挨拶、挨拶。

来た時の「誰も知らない」とは違う、「みんな仲間感」が待合所にあふれてます。

同じ5泊6日を過ごすからこそ生まれたこの空気、小笠原旅行のいいところだなーとすごく思いました。

こうもり亭のオーナーさんが荷物を運んできてくれたので、記念に1枚パチリ。4日間、ありがとうございました!

いよいよ出港の時間。寂しいけれど、父島とお別れです。

トミーGさんと宿のオーナー、わたしがめちゃくちゃお世話になった2人が並んで見送ってくれてます。

小笠原名物・出港セレモニー。

海ツアーを開催されているみなさんが、ボートで追いかけてきて見送ってくれます。そして、ボートからダイブ!!!

わたしがお世話になった小笠原観光さんのドリーム号も!ありがとうございました!

おがさわら丸、行きと帰りは全く別物!

帰りも部屋は特2等寝室。行きと同じ部屋で、「自分の部屋」感がすごかったです。

船が出港して、わたしが一番にしたこと。それはシャワー!(カヤックのあと水シャワーしただけだったのです・・・)

小笠原旅行、最後の夕日

この旅の間、いろんな夕日を撮影してきました。

最終日、おがさわら丸のデッキから、とても美しいサンセットを見ることができました。

うたげ!!

行きのおがさわら丸は「誰も知っている人がいない宿」。

帰りのおがさわら丸は「そこかしこに知っている人がいる宿」。

もう、それは宴会の始まりです!

(なぜか展望ラウンジの天井は鏡張り・・・)

宿で一緒だった皆さんや、ツアーで一緒になった方と、一晩中飲み明かし。

旅の思い出や、普段の生活のことなど、語ることは尽きません。一晩中飲み明かしても、竹芝到着は15時なので何の問題もないのですw

(一応最後の朝日を・・・と思って起きたけど、曇りで何も見えませんでした・・・)

そして最終日、6日目の15時。おがさわら丸は無事に、竹芝ふ頭に到着しました。

ご一緒になったみなさんにお別れを告げて、帰路につきます。

小笠原ひとり旅を終えて

この便利な時代に、南へ1000km片道24時間かけていく旅行。

最短でも5泊6日しないといけない旅行。

その価値がちゃんとある小笠原旅行でした。

山も海も、自然がとても美しく、癒されて。島の皆さんはみんないい人で、癒されて。

ひとり旅だけど、船でいく小笠原だからこそうまれるものがあって。

猫を迎える前の最後の大型旅行として、小笠原諸島を選んで本当によかったです。

またいつか、絶対に行くぞー!

わたしが参加したのは、「小笠原 父島6日間」です。詳しくはこちら。

小笠原旅行のおすすめ持ち物はこちら。

ぽちっと応援が励みになります!

ぽちっと応援が励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる